MENU

遺伝と薄毛のつながり

育毛剤を使用する人の割合で多いのは夫と母親を比較した場合に夫となっていますが、夫の頭髪は夫ホルモンと呼ばれる夫の体調を作っているホルモンによって影響されてあり、その一方で母親の頭髪というのは母親の丸みを帯びた体調を作っている母親ホルモンになるので、それぞれのホルモンが違うリアクション機序をもたらすため毛髪は形成されている。
従って、夫と母親では薄毛になるメカニックスがことなることも多いので、男性が女性用の育毛剤を使用することや反対に女性が男の育毛剤を使用しても役目を得ることができない場合がほとんどですが、ホルモンに対しての働きがある育毛剤を使用すると性別が違う際に体調への悪影響が懸念されるという条目についても注意が必要です。
ちなみにツルッパゲはしばしば遺伝されると言われていますが、確かに薄毛の父母から生まれた娘というのも大人になってから薄毛になるケースが多くなってあり、毛髪の状態に遺伝性要素があることは否めない部分でもあります。
しかしながら確実に薄毛が遺伝するというわけではなく、AGAのような薄毛については遺伝しやすいものの、円形脱毛ワキ症のように一時的な薄毛などについては遺伝的要素はめったに考慮されないでしょう。
また、毛髪が薄くなっていて育毛剤の活用を検討している場合は自分がどんな理由で毛髪が薄くなってしまっているのかということを事前に調べておくことが大切で、それに合う戦術というのがあります。